So-net無料ブログ作成
広告スペース

ペクチン 放射能

ペクチンが放射能対策に。

放射能の内部被ばくにはペクチンという物質が効果があるそうです。

内部被ばくとは、放射性物質を体内に取り込み、
体の内部から被ばくすることです。

改善には放射性物質を体内から除去することです。

現状、内部被ばくで問題視されているのは、セシウム137です。

半減期が30年と長いので、長い期間被ばくします。

体内の放射性物質を体外に排出するのに、
ペクチンという物質が助けます。

つまり、ペクチンを体内に取り入れることで、
放射性物質が体外へ出やすくなるんですね。

ペクチンとはジャムを作るときに固まらせるために入れるものです。

ペクチンはリンゴに多いと聞きます。
なので、ペクチンを取り入れるにはリンゴを食べれば良いということですね。

しかしそのままリンゴを食べるよりも効率よくペクチンを
取り入れる方法を教えます。

1つの方法は焼きりんごにして食べる方法です。

2つ目はりんごペクチン液にして取り入れる方法です。

2つ目の作り方を説明しますね。

リンゴを4分割します。
厚さ5ミリほどに切っていきます。

鍋に、切ったリンゴと水を2リットルほど入れ、
沸騰させます。
沸騰したら、火を弱くし30~45分煮詰めます。

布を使って煮汁を濾(こ)し取ります。
煮汁にペクチンが入っているので、煮汁はボールなどに受けます。
しっかり濾し取りましょう。

濾し取った液がリンゴペクチン液です。
密閉して冷蔵庫で保存しておくと長持ちします。

また、濾し取った煮汁から水分を飛ばして
リンゴペクチンにして冷蔵保存しておく方法もベターです。

如何でしょうか?

内部被ばくが気になる方は、試してみては?


≪今年もどこよりも早く!もぎたて青森りんご≫2011かめあしりんご一番品種ご予約スタート♪【...

作るが面倒って方は


 「私の台所 ペクチン 30g」果実から抽出したペクチン(製菓用)です。ゼリーやジャムの凝固に使...


Copyright © トレンド配信クラブ All Rights Reserved.
使いやすいFX業者

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。